厚別おじさんの北海道ブログ

関東出身で北海道在住のアラフォーおじさん 主に北海道グルメ記事

とっても便利な砂川SAで「かみふらのポークの豚丼」を頂く

厚別おじさんはSAでご飯を食べます。

 

高速道路のサービスエリア。

ひと昔前までは、サービスエリアの食事って「高くてあんまり美味しく無い」が当然でしたね。

しかし最近はかなり進化しており、ご当地グルメを楽しむ拠点の一つになっているのではないでしょうか。

 

北海道は非常に広く、高速道路も札幌を中心に各地方都市へ伸びていますが、食事もできるサービスエリアとなると結構数が限られます。

そんな北海道のサービスエリアで最も大きな場所が札幌と旭川を繋ぐ道央道の砂川サービスエリア。

上り、下りの両方からアクセスできる「砂川ハイウェイオアシス」とも接続しています。

【公式】砂川ハイウェイオアシス館|土産・食事・遊び・休憩 – 北海道砂川市にある砂川ハイウェイオアシス館は高速からも一般道からも立ち寄れる『楽しく』『わくわく』する場所。北海道土産・産直・レストランがあり、北海道子どもの国の玄関口です。

ハイウェイオアシスまで行けばレストランや各種土産物店、ファーマーズカフェなど様々な施設が揃っております。

ただ、砂川サービスエリア単体でもフォードコートを備えており、食事をするだけならこちらでも十分。

さほど広くはありませんが、空知のご当地グルメが楽しめるんですね。

f:id:atsubetsu:20210305213359j:plain

今回厚別おじさんが注文したのは「かみふらのポークの豚丼」。

以前ブログで紹介しましたが、北海道は十勝を中心にこの豚丼ご当地グルメとして有名になっています。

丼とストップ・ミー・ナウ - 厚別おじさんの北海道ブログ

f:id:atsubetsu:20210305213442j:plain

かみふらのポークの豚丼 980円(税込)

こちらの豚丼炭火で焼き山椒がかかっている十勝の豚丼とは少々異なり、玉ねぎベースで甘みのあるソースがかかっています。

f:id:atsubetsu:20210305213907j:plain

分厚い豚肉が食べ応えあり。

十勝豚丼のような香ばしさはありませんが、豚肉にタレがしっかりとしみており、ごはんが進みます。

ロース肉なので脂身は少ないんですが「かみふらのポーク」は地養素という木酢液の入った飼料を食べて育っているそうで、お肉がとても柔らかく仕上がっており、食べやすいですねえ。

いや、これはうまい。

かみふらのポークはカレーでも食べられるようなので気になるかたは是非。

 

それでは厚別おじさんの主観による5段階評価はこちら。 

 

旨さ    ★★★☆☆ ・・・安心感のある味

ヘルシーさ ★★★☆☆ ・・・脂身が少なく意外にヘルシー?

コスパ   ★★☆☆☆ ・・・SAなので少々割高か

北海道度  ★★★☆☆ ・・・北海道は豚肉に一級品

 

ではまた。

 

実は空知はグルメの宝庫なんだ!!(*^◯^*)!!