厚別おじさんの北海道ブログ

関東出身で北海道在住のアラフォーおじさん 主に北海道グルメ記事

牡蠣とウイスキーの街、厚岸「夢遊(ゆうゆう)」

厚別おじさんは牡蠣とウイスキーが大好きです。

 

わたくし厚別おじさん、北見のホルモン屋「道食」の記事(北海道グルメの最高峰 北見ホルモン「焼肉道食」 - 厚別おじさんの北海道ブログ)を書いてからスッカリ燃え尽き症候群になってしまい、ブログを3ヶ月近くも放置してしまいました。。。

一度書かなくなると、書く気力がいつまでも無くなっちゃいますね。反省。

 

まあ、人生長いですから、そんなこともありますね。

気を取り直して、今回も最高オブ最高の食を求めて道東まで足を伸ばしてみたというお話です。

 

北海道の牡蠣といえば厚岸。

道東最大の都市、釧路からさらに東へ根室方面へ、車で1時間ほどでしょうか。小さな港町です。

www.akkeshi-town.jp

昔から牡蠣は有名だったようですが、近年で注目されているのはなんと言ってもウイスキー。2013年に試験醸造を始め、2018年に初めてのウイスキー「厚岸 NEW BORN」を発売してから発売するウイスキーが続々品切れ。国際的なウイスキーの賞を受賞するなど世界的に注目を集めている蒸留所が、この厚岸にあります。

akkeshi-distillery.com

厚別おじさんは牡蠣が好き。ウイスキーはもっと好き。となれば厚岸に言ってウイスキーを飲みながら牡蠣を食べるしかないでしょう!!

 

そこで今回チョイスしたお店は「夢遊(ゆうゆう)」です。

夢遊 - 厚岸/焼鳥 [食べログ]

一応載せておきますが、食べログの評価は3.05とまあ普通です。

しかしですね、このブログで何度も申し上げています通り、食べログの評価なんてまあアテになりません。プロ野球のシーズン前の順位予想くらい不正確。自分の五感で確かめましょう。

なお、WEBに掲載されている住所が「真栄2丁目」までしか記載がなく、他にお店もない場所にあるので非常に見つけにくいです。地図でよく確かめてから行きましょう。

ちなみに厚岸の牡蠣屋さんといえば「牡蠣場」が有名ですが、この日は平日なので営業しておらず。厚別おじさんの研ぎ澄まされた嗅覚でこのお店にたどり着きました。

 

店内は撮影していないので、お料理の写真を。

f:id:atsubetsu:20210712220842j:plain

生牡蠣 800円

はい、金メダル確定。

生牡蠣ですね。厚岸の牡蠣はデカイですねえ。。。興奮します。

 

この牡蠣をですね、これと楽しむわけですね。

f:id:atsubetsu:20210712221017j:plain

厚岸ウイスキー 雨水(うすい) 2200円

こちらシングルで2200円。

高いなあ、と思う方もいらっしゃるでしょう。

確かに700mlのメーカー希望小売価格11000円ですから、安くはないですね。

しかしですね、その値段で買える人間がどれだけいるでしょうか。

楽天で検索すると、なんと40000円オーバー。高騰しております。一応リンク貼りますが、こんな値段で買う人は転売ヤーの思う壺。悪いことは言いません。止めましょう。


 

小規模な蒸留所ですから作る数が限られており、流通量も極めて少ないからですね。それなのに味の評価は高いですから、完全の需給バランスが崩れております。

でも大丈夫。厚岸に行けば飲めます。地元の飲食店には数を確保して流通させているみたいですね。地元に貢献する企業として、とても良いことだと思います。えらい。

 

話がそれましたが、当然このウイスキー、牡蠣と相性ばっちり。

ビンテージではないのでそこまで味に深みはありませんが、独特のピート感と柑橘系のフレーバーが濃厚な牡蠣によく合います。

f:id:atsubetsu:20210712222032j:plain

いやあ最高。

最高オブ最高です。

 

この夢遊というお店も、住宅地にあるこじんまりとした居酒屋ですが、焼き牡蠣など焼き物はカウンター横にある炉端で焼いてくれて、お値段もお手頃。いかにも地元客のお店って感じで大変良い雰囲気です。

また行きたい名店ですなあ。

それでは厚別おじさんの主観による5段階評価はこちら。

 

旨さ    ★★★★★ ・・・またもや最高オブ最高

入りやすさ ★☆☆☆☆ ・・・場所はめちゃくちゃ分かりにくい

コスパ   ★★★☆☆ ・・・食材のレベルから言えば良コスパ

北海道度  ★★★★★ ・・・北海道が世界に誇るウイスキーと牡蠣手

 

ではまた。

 

これからもマイペースでブログ更新していきたいんだ!!(*^◯^*)!!

北海道グルメの最高峰 北見ホルモン「焼肉道食」

厚別おじさんが一番好きな焼肉屋は北見「道食」です。

 

昨年から始めたこちらの北海道ブログ。

書いた記事は120本を超えましたが、ついに北海道グルメの最高峰、北見の「焼肉道食」を紹介する日が来てしまいました・・・。

 

北海道は美味しいホルモン屋さんが数多くあることは今まで書いてきた通りですが、厚別おじさんにとって「北海道はホルモンがうまい」という前提を作った、意識の扉を開いたお店がこの焼肉道食なのです。

北見と言えば、人口あたりの焼肉屋の件数が北海道で最も多い、焼肉の町です。

北見市観光協会のHPによると、かつて北見駅の近くにと畜場があり、新鮮な内臓肉を市役所職員が昼食に食べていたことがルーツだとか。

ハッとしてホッとする北見-北見市観光協会ホームページ-北見焼肉-

つまり北見焼肉のメインとなるのは内臓肉、ホルモンだってことですね。

以前もご紹介した通り北見駅周辺には美味しいホルモン店が多数。

しかし、今回でもそのホルモン激戦区北見における王者、キングオブキングスである焼肉店をご紹介しちゃいます。

 

まずは店舗所在地をチェック。

JR北見駅から徒歩5分ほどでしょうか。

入り口は少々わかりにくいですが、赤い看板を目指して歩きましょう。

駐車場などはありませんのでご注意。

f:id:atsubetsu:20210428110521j:plain

店舗外観

看板の下のドアを空けると店舗へ続く階段が現れます。

f:id:atsubetsu:20210428111931j:plain

なかなか渋い雰囲気。

冬は靴底が凍って滑りやすいので注意です。

 

店内はカウンター4席程度、小上がりは団体用で4から6人程度のテーブルが二つでしょうか。こじんまりとした店舗です。

 

撮影はしませんでしたがメニュー表は手書きのホワイトボード1つのみと超シンプル。

まずはビールと、当然豚ホルモン、豚サガリのツートップを注文です。

f:id:atsubetsu:20210428112929j:plain

f:id:atsubetsu:20210428112918j:plain

豚ホルモン(400円)は真っ白でプリップリ。

ガリ(530円)も見るからに柔らかそうです。

そして、なんといっても道食の特徴はオリジナルのタレ!!

f:id:atsubetsu:20210428113446j:plain

北見名産の玉ねぎがたっぷり入った甘めのタレですが、これがホルモンによく合うんですねえ。

コンロはもちろん炭火です。

f:id:atsubetsu:20210428113553j:plain

やっぱりホルモンは七輪ですなあ。

 

無駄な脂が網から落ちて、、、

新鮮なお肉の旨味だけが残る・・・。

 

うーん、旨い。最高です。

 

焼き野菜として玉ねぎとピーマンがサービスで出てくるんですが、これがまた旨い。

このお店は肉の盛りが良いので、2皿で結構満足なボリュームなんですが、この日はお腹ペコペコだったので豚タンも追加しちゃいました。

f:id:atsubetsu:20210428113906j:plain

豚タン

こちらも盛りが良い!肉でかい!

豚タンって結構小さめのカットで出てくることが多いのですが、道食のタンはデカイです。

独特の歯応えが堪りませんなあ。

これはホルモンにもサガリにも言えることなんですが、お肉が新鮮だからなのか、嫌な臭みが一切ありません。本当に旨味だけが凝縮されているようなお肉。そしてデカイ。

なにしろこれだけ食べて2000円ちょい。

正直言いますと以前はお肉の値段も2割くらい安かったので2000円でお釣りが来ましたね。

こればっかりは時代の流れなんで仕方ないですが、相変わらずの高コスパです。

 

ホルモン好きには是非おすすめしたい最高のお店なんですが、、、

ただ初めて訪問される人には必ず抑えて頂きたい大事なポイントがあります。

 

それは・・・、

 

 

接客は最悪です。

信じられんくらい無愛想。

 

まず席に座る時。

カウンターの場合、必ず指定された席に座りましょう。でないと怒られます。

上着を匂いから守るポリ袋が雑に置いてありますので自分で取って素早くいれましょう。

 

そして注文時。

こちらが頼みたいタイミングで頼んではNG。

必ず婆さんが注文を取る雰囲気を出したことを確認してから発声しましょう。

自分のタイミングで注文すると普通にスルーされますのでお肉を食べることが出来ません。

このルールは追加注文も適用されます。

追加したい場合は、同じくカウンター越しに婆さんの顔色を伺い、目で追うなどして注文したい雰囲気を醸し出してください。

他の客の注文処理や配膳などがひと段落したら、徐々に婆さんが次のタスクに移りそうになるタイミングがありますので、そこでシンクロ率を一気にあげましょう。

めでたく100%になると婆さんから「なんか頼むかい?」などと言われればベスト言われなくても目を合わせてくるのでそこでスムーズに注文を伝えましょう。

なお、その際にタレの追加なども同時に伝えるとグッドです。

 

このように書きますと「え?うまいのは良いけどお店としては最悪じゃん」などと思われるかもしれません。

 

そうです。

そう思うのであれば行くのは辞めましょう。

正直な話、無理して行く必要は全くありません。

あなたは北見ホルモンに向いていません。

もっとホスピタリティの高いお店に行けば済むことです。

 

ただ、ここまで良質なお肉と最強のコスパでホルモンを愉しむ。

当然そこには超えなければならない壁があるわけです。

楽してグルメを楽しもうなんて甘い。

高い壁を超えた勇者だけに許される最高の食体験、それが北見ホルモンの楽しみかたなんですねえ。

 

ちなみに北見には板門店、とよ七などホルモンの名店が他にもありますが、どこも似たようなスタイルで一貫しているので、覚悟して行きましょう。

 

 

なお道食も常連さんがくると急に婆さんがニコニコしたりするので、地元民には優しいのかも。。。

厚別おじさんも10数回は通ってますが、まだまだですねえ。

 

それでは厚別おじさんの主観による5段階評価はこちら。

 

旨さ    ★★★★★ ・・・最高オブ最高

入りやすさ ★☆☆☆☆ ・・・予約なしでは厳しい

コスパ   ★★★★★ ・・・これ以上ない高コスパ

北海道度  ★★★★★ ・・・ザ・北海道の肉

 

ではまた。

北見の「ハッカ油」はマスク生活の必需品

厚別おじさんはハッカ油でマスクしても爽やかです。

 

薄荷と書いてハッカ。

英語だとミント。

スーッとする、チョコとかに入ってるアレです。

 

北見ハッカ通商のHP(https://hakka.be/story/kitami/)によると、明治時代から北見はハッカの栽培が盛んだったそうで、今でも定番のお土産物になっています。

最近ではコロナの影響でマスクをする人が買い求めるようになり、一時期は品薄でしたね。

今では北見市内では普通に手に入るようになったので、厚別おじさんも今回買ってみました。

f:id:atsubetsu:20210424224052j:plain
f:id:atsubetsu:20210424224102j:plain

こちらのハッカ油が20mlで1000円。

使いやすいスプレータイプもありますが、こちらのボトルタイプの方がお値段的にはお得です。

f:id:atsubetsu:20210424224501j:plain
f:id:atsubetsu:20210424224514j:plain

無色透明で綺麗ですね。

この瓶のまま蓋を空けるとドバッと出てしまうので、マスクに垂らす時などは付属の中栓を使います。

 

こちらのハッカ油、一滴たらすだけでも相当効果があるので使い過ぎ注意ですが、マスクに垂らすと爽やかな香りがかなりの時間長持ちするのでおすすめです。

最近はどこに行くにもマスクをしますからね、是非一家に一本は欲しいところ。

20mlって小さいようですが、ハッカとしては結構な量なので長持ちしそうですね。

アマゾンで定価で買えますから即ポチですな。

 

それでは厚別おじさんの主観による5段階評価はこちら。

 

香り    ★★★★★ ・・・香りの強さが凄まじい

利便性   ★★☆☆☆ ・・・スプレータイプの方が使いやすいのは確か

コスパ   ★★★★☆ ・・・年単位で持ちそう

北海道度  ★★★☆☆ ・・・THE北見のお土産

 

ではまた。

 

久しぶりにグルメ記事じゃなかったんだ!!(*^◯^*)!!

ロコ・ソラーレも大好き!!レペゼン北見スイーツ「赤いサイロ」

厚別おじさんは赤いサイロが大好き。

 

赤いサイロ。

もうこれはお馴染みですね。

2018年の平昌五輪で大活躍したカーリング女子日本代表「ロコ・ソラーレ」のメンバーが作戦タイム、通称もぐもぐタイムで食べていたことが全世界に放送され、一躍有名になったお菓子ですね。

もちろん、オリンピックで話題になる前から北見市民にとってはお馴染みのお菓子なのですが、話題になってからは注文殺到で品切れが続いていたようで、なかなか店頭でも通販でも買えませんでしたが、さすがに最近は落ち着いたのか店頭では普通に購入できるようになりました。

f:id:atsubetsu:20210424220342j:plain

店舗外観

JR北見駅から市街地に少し入った、北1条西1丁目にあります。

となりに大きな予備校がある場所なので分かりやすいですね。

決して大きな店舗ではありませんが、老舗の風格ある立たずまいです。

 

店内にはやはりカーリング選手のポスターやサインなど多数。

お店の人に許可を頂いて撮影しました。

f:id:atsubetsu:20210424220621j:plain

ロコ・ソラーレは北見が拠点ですからね。もちろん全国的に大人気ですが、これを見ると地元人気の高さも伺えますねえ。

 

で、肝心の赤いサイロ。

バラ売りもありますが、今回購入は5個セット840円のもの。

f:id:atsubetsu:20210424220922j:plain
f:id:atsubetsu:20210424220936j:plain

パッケージの裏側にはロコ・ソラーレ応援の文言が。

地元愛あふれる美しいコラボですね。

f:id:atsubetsu:20210424221129j:plain

こちらもパッケージを開けると

f:id:atsubetsu:20210424221222j:plain

うーん、チーズが焼けた香ばしい香りです。

少し似たお菓子で言うと「きのとや」のチーズタルトあたりですが、それよりも少し大きいですかね。

こちらはタルトではないので全体的にしっとりとした感じ。

ふわっとした食感ですので、1個はペロリと食べられちゃいますね。

甘さは上品で、チーズの濃厚な旨味があります。

いやあこれは美味しい。何個でも食べたいですね。

5個で840円ですから1個あたり168円。

大変リーズナブルなのも嬉しい。

 

ただし人気商品ですので、安いからと言って買い占めはダメゼッタイ!!

 欲しい人は北見にふるさと納税してゲットする方法もありますからね!!

 要チェックです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】【A-034】【清月】赤いサイロ18個
価格:10000円(税込、送料無料) (2021/4/24時点)

楽天で購入

 

それでは厚別おじさんの主観による5段階評価はこちら。 

 

旨さ    ★★★★☆ ・・・一番好きなチーズケーキです

ヘルシーさ ★★☆☆☆ ・・・意外に健康に良さそう

コスパ   ★★★★☆ ・・・さすが地元密着スイーツ

北海道度  ★★★★★ ・・・まさに北見代表

 

ではまた。

 

カーリングの選手って美しいんだ!!(*^◯^*)!!

北見市民お馴染みのグルメ回転寿司「回転寿司くるくる」

厚別おじさんは北見でもお寿司を食べます。

 

北海道はいわゆる「グルメ回転寿司」のチェーン店が数多くありますね。

代表格はトリトン、なごやか亭、まつりや、根室花まると言ったところでしょうか。

atsubetsu.hatenablog.com

で、今回は北見。

トリトンはまさに北見発祥なので、北見ではトリトン一人勝ちかな、などと思っておりましたが、実はもう一つグルメ回転寿司店があるんです。

その名も「回転寿司くるくる」

 

なんだか安易なネーミングなんで本当に旨いの?といった印象を受けるのですが、これがなかなか美味しいお寿司を出してくれるんですねえ。

早速行ってみましょう。

f:id:atsubetsu:20210424213131j:plain

くるくる寿司 柏陽店

JR北見駅から石北本線で一駅となりの柏陽駅の近く、国道沿いにある白陽高校のすぐ近くなので非常に分かりやすい場所にあります。

f:id:atsubetsu:20210424213554j:plain

店舗の外観は地味なんですが、、、

注文は意外にもタッチパネル導入。

選びやすくて良いですね。

 

厚別おじさんはお昼のピークタイムが少し過ぎた時間帯に伺ったのでお客様が少なく、注文するとすぐに運ばれてきました。

f:id:atsubetsu:20210424213842j:plain
f:id:atsubetsu:20210424213857j:plain

まずはお吸い物。

牡丹海老の頭ですかね。

柚子胡椒が付いており、お好みで入れることができます。

香りがいいですねえ。

 

f:id:atsubetsu:20210424213711j:plain

活たこ 190円

こちらは活たこ。

プリっぷりのタコに包丁が複数入っており食べやすいですね。

うまい。

f:id:atsubetsu:20210424214036j:plain

とびっこつぶ軍艦 120円

厚別おじさん的にはこのとびっこつぶ軍艦(正式名称は忘れました。)が一番のヒット。

細かく刻まれたつぶととびっこが軍艦になっており、コリコリとプチプチが同居したなんとも見事な食感が楽しめます。

これで120円って安過ぎない?と思いましたがどうやら日替わり限定メニューらしくホームページのメニュー表などでも確認できませんでした。

こういう限定メニューを楽しみに行くのも良いですね。

 

トリトンに比べると店舗の作りは地味なのですが、味のクオリティとしてはほとんど変わらないと言えます。

北見市民に愛されているのも肯けますね。

 

それでは厚別おじさんの主観による5段階評価はこちら。

 

旨さ    ★★★★☆ ・・・北見でお寿司ならまずココ

入りやすさ ★★★★☆ ・・・アクセス抜群

コスパ   ★★★★★ ・・・混じりっけ無しの高コスパ

北海道度  ★★★★☆ ・・・北海道と言えば海の幸

 

ではまた。

 

北見は美味しいものばかっりなんだ!!(*^◯^*)!!