厚別おじさんの北海道ブログ

関東出身で北海道在住のアラフォーおじさん 主に北海道グルメ記事

美唄の昼は「角屋」をカジれ

厚別おじさんは美唄やきそばをかじります。

 

美唄市

北海道の中央部、空知地区にある人口2万人ほどの小さな市です。

www.city.bibai.hokkaido.jp

北海道は炭鉱で栄えた町が多くありますが、美唄や夕張、赤平などなど、空知地方の街が多い印象ですね。

内陸で山に囲まれている地形からか、雪深いのも特徴かと思います。

 

今回ご紹介するのが、美唄のB級ご当地グルメ美唄やきそばです。

f:id:atsubetsu:20210225211024j:plain

復刻版 角屋のやきそば 170円

実は今回は美唄ではなく新札幌の北キッチンで購入しました。

美唄に行くとその辺のスーパーで普通に売っています。

170円のやきそば、まあ見た目は至って普通ですね。

 

ただ、ソースが付いていませんよね?

そうです、それが特徴なんです。

f:id:atsubetsu:20210225214128j:plain

原材料にも「ウスターソース」が入っていますね。

名称も「ゆでやきそば」になっています。

そうか、もう茹でてあるのか・・・

 

ということで

f:id:atsubetsu:20210225214244j:plain

これを

 

f:id:atsubetsu:20210225214258j:plain

こう!!

 

うまい。

割とあっさりしたソース味ですが、意外とモソモソしておらず、しっとり感があり一気に食べてしまいます。

 

もしかするとお気づきの方もいらっしゃるかも知れませんが、

f:id:atsubetsu:20210225214612j:plain

<フライパンでいためてお召し上がりください>

って書いてるじゃん・・・。

 

では公式サイトを確認してみましょう。

www.xn--ogt727h.com

そうです、良く見ると

味付ゆで焼きそば
 
当社で製造している生ラーメン用のちぢれ麺を使用し、特別にブレンドしたソースを絡めたスパイシーな味付焼きそばです。
そのままでもフライパンで炒めても
​おやつ感覚で食べられます。

 

 

「そのままでも」って書いてますね!!

良かった〜

間違っていなかった。

どうやら美唄が地元の人によるとそのまま食べる方がスタンダードのようです。

が、フライパンで炒めて食べてもちゃんと美味しいですよ。

厚別おじさん的には「ゆで塩やきそば」が非常に美味しいのでおすすめです。

 

ふるさと納税の返礼品でもあるんですねえ。これは要チェックです。


 

 

それでは厚別おじさんの主観による5段階評価はこちら。

 

旨さ    ★★★☆☆ ・・・ザB級グルメですのでご理解の上で

ヘルシーさ ★☆☆☆☆ ・・・炭水化物の塊

コスパ   ★★☆☆☆ ・・・コスパは正直微妙

北海道度  ★★★★☆ ・・・美唄度はMAX

 

ではまた。

 

空知の旨いものも沢山見つけたいんだ!!(*^◯^*)!!

釧路の夜は「かど屋」で締めろ

厚別おじさんは釧路の夜をかど屋で締めます。

 

昨日のブログで釧路ザンギ発祥のお店「鳥松」について書きました。

atsubetsu.hatenablog.com

今回も釧路の老舗中の老舗、つぶ焼きのお店「かど屋」。

釧路の中心部、飲食店が立ち並ぶ栄町4丁目のかどにあります。

f:id:atsubetsu:20210224204145j:plain

店舗外観

なかなか趣がある外観ですねえ。

こちらの記事によるとなんと50年以上前から営業しているとのこと。

末広で51年続く老舗「つぶ焼き かど屋」マスターが語るつぶへの熱いこだわり | DO-Life,ドライフ

こちらも鳥松同様、夜のお店。午後5時くらいから深夜まで営業しています。

飲んだあとの2軒目、3軒目に行くのが定番ですね。

 

気になるメニューですが・・・

f:id:atsubetsu:20210224205014j:plain

そうです。メニューはこれだけ。

飲み物以外はつぶ焼とラーメンのみ

なんという潔さ・・・。

 

つまりこのお店に入ったら

1.つぶ焼を食べる

2.ラーメンを食べる

3.つぶ焼とラーメンを食べる

 

この3択しかありません。

厚別おじさん、普段であれば3なのですが、ついさっき鳥松でザンギを2人前食べてしまったのでけっこう満腹・・・。

ここは無理をせずラーメンのみを単品でご注文。

f:id:atsubetsu:20210224205318j:plain

名大ラーメン 700円

なんとまあ黒いスープ。

魚介系のダシでしょうか。

独特の香ばしい香りがします。

f:id:atsubetsu:20210224205406j:plain

麺は細めのちぢれ麺。

割と緩めの茹で加減です。

飲んだあとなので、まあこのくらいでも悪くないかも。

そしてスープは真っ黒ですが意外にしょっぱくない。

ただコクがあるとも言い難い独特の風味なので、非常に好みが分かれると思います。

いわゆる釧路ラーメンの味でもないし、かといって懐かしい昭和の中華そば、みたいな素朴な味でもない。

かど屋のラーメンとしか形容のできないオリジナルの味ですねえ。

厚別おじさん、正直申し上げて昼に食べたいか?と聞かれれば否。

これは散々飲み散らかして酔っ払って最後の締めに食べるから美味しいんですね。

なので初めて行く方はあまり期待し過ぎないようにしましょう。

 

それでは厚別おじさんの主観による5段階評価はこちら。

 

旨さ    ★★☆☆☆ ・・・人を選びます(つぶ焼は美味しいよ!!)

入りやすさ ★★★☆☆ ・・・混んでる時間もありますがカウンターが広いので一人なら大概OK

コスパ   ★★★☆☆ ・・・定番の味とお値段

北海道度  ★★★★☆ ・・・釧路度はMAX


 

ではまた。

 

まだまだ釧路は美味しいお店いっぱいあるんだ!!(*^◯^*)!!

釧路ザンギ発祥のお店「鳥松」

厚別おじさんは釧路に行ったらとりあえず鳥松に行きます。

 

釧路の名物と言えば炉端焼き、スパカツ、和匠市場の勝手丼といったあたりが有名でしょうか。

どれも美味しいですね。

厚別おじさんは釧路に行ったら毎回食べるのが、釧路ザンギです。

ザンギというのは、要するに鶏のからあげですね。

ザンギの由来についてはこんな記事を見つけましたので是非ご参考に。

icotto.jp

 

鳥松は釧路の中心部、栄町にあります。

夜17時からの営業なのでランチはやっておりません。あしからず。

f:id:atsubetsu:20210223204455j:plain

店舗外観

鳥松のザンギはウスターソース的な秘伝のタレを付けて食べるタイプ。

ビールで隠れちゃいましたが爪楊枝入れの横にある陶器がソース入れです。

f:id:atsubetsu:20210223205312j:plain

店内はカウンターのみ。

10名も座れば満員といったところでしょうか。

コロナ対策的なものは一切ありませんので、混んでる時間に行くのは避けた方がよろしいかも。

ちなみにこの日は店内に厚別おじさん以外2名しかお客さんはいませんでした。

f:id:atsubetsu:20210223205521j:plain

メニュー

メニューはそれなりに色々ありますが、ザンギ以外のメニューは「30分くらいかかるよ!」といかにも注文して欲しくなさそうな対応をされるものもありますのでご注意。もつ煮とかならすぐ出てきたはず。

というわけなのでザンギを骨付きと骨なしの両方を注文。

f:id:atsubetsu:20210223205718j:plain

ザンギ(骨付き) 600円

f:id:atsubetsu:20210223205704j:plain

骨なしザンギ 720円

骨付きと骨なしでは見た目的にはあまり変わりませんね。

骨付きを単に「ザンギ」と呼ぶことから分かる通り、基本のザンギは骨付きということになります。

このあたりはからあげで有名な大分の中津からあげも骨付きが基本なので同じですね。

やはり骨付きの方が、骨周りについている旨味が強いので味が濃い感じがして個人的には好みです。

鳥松のザンギはそのままだと味は非常にシンプルなので、ソースにコショウを混ぜて食べる感じになります。

なので味のベースはソースですね。

けっこうこれがクセになる。

 

しかし、釧路ザンギ発祥のお店、というブランドはあるものの、正直言って他と比べてめっちゃ旨い、といった感じでもないです。個人的には普通に好きですが。

あと、食○ログ的なレビューサイトに書いてある通り接客は非常に悪いです。

注文するときも、おばちゃんのタイミングで伝えないと通りませんし、前述した通りザンギ以外のメニューを頼もうとすると嫌がられたりします。じゃあメニューに載せんなよ、と思ったりして。

 

ただ、もちろん厚別おじさんも行くなら接客の良いお店に行って気分良く食事したいですが、○べログのレビューって「せっかく来たのに接客が親切じゃなくてムカつく!!星1つ!!」みたいなレビューが多くて首を傾げてしまいますね。

そもそも釧路などという地方都市で、安くて美味しい地元のお店に入るのに、レストランみたいな接客を求める方が間違っていませんかね?

おもてなしして欲しかったら、5倍の値段払ってホテルでも料亭でも行けば良くないですか?

そっちの方が確実に気持ちよく美味しい料理を食べられます。

もしくは全国チェーンのファミレス行けばマニュアル通りに嫌味なく接客してくれるわけですから、ガストとかロイホとか行けばいいんですよ。

そんなもんに一切コストをかけないから、個人のお店でこの値段で提供できるわけです。

(まあ鳥松のザンギが安いかどうかは微妙なところですが)

間違っても観光で訪れてファミリーで行くとか絶対やめましょう。

どうしても食べたければ持ち帰ってホテルで食べれば間違いありません。

 

キッチンでおっさんが暇になったら換気扇のところでタバコを吸い始めるくらいが、まあ地元のB級グルメ感あっていいんじゃないかね。B級グルメなんてもんは気にせず一人で黙って食べて金払って出てくればそれで良いんです。

北見のホルモン屋なんて最たるものですね。以前記事にしていますので是非。

atsubetsu.hatenablog.com

 

なので、以前も書きましたが厚別おじさんは口コミサイトはほぼ見ないです。いや、正確に行くと見るけど営業時間と定休日、駐車場の有無くらいですかね。まあGoogle マップで十分です。

 

少し話がそれましたが、釧路は他にも沢山良いお店があるので、少しずつ紹介して行きたいですね。

それでは厚別おじさんの主観による5段階評価はこちら。

しつこいようですが、あくまで主観です。

 

旨さ    ★★★☆☆ ・・・釧路ザンギはまずここから

入りやすさ ★☆☆☆☆ ・・・混んで入れないこともしばしば

コスパ   ★★☆☆☆ ・・・別に安くはない

北海道度  ★★★☆☆ ・・・釧路の定番ですね


 

 

 

ではまた。


釧路の美味しいお店もたくさん紹介したいんだ!!(*^◯^*)!!
 

 

【衝撃の事実】カルビーポテトチップス「北海道バターしょうゆ味」はうすしお味よりカロリー控えめ

厚別おじさんはカルビーポテトチップス北海道バターしょうゆ味ばかり食べています。

 

カルビーポテトチップスといえば、各地域にご当地味がありますよね。

関西だししょうゆ味や九州しょうゆ味など。

どれも美味しいですが、北海道バターしょうゆ味の旨さは別格。

こればっかり食べちゃうので具合悪くなります。

そのくらい旨い。

f:id:atsubetsu:20210222222149j:plain
f:id:atsubetsu:20210222222200j:plain

栄養成分表示を見てみると、エネルギーは1袋58gで322kcal

公式サイトに掲載されている成分表(https://www.calbee.co.jp/soudanshitsu/faq/data/calbee_nutrition.pdf)によると、うすしお味60gで336kcal

 

あれ?北海道バターの方がカロリー少なくない??

と思ったので1gあたりのカロリーを計算すると・・・

北海道バターしょうゆ味 322÷58=5.55kcal/g

うすしお味 336÷60=5.6kcal/g

 

なんと!

北海道バターしょうゆ味の方が1グラムあたりで0.05kcalも控えめ!!

バター味なのに!!?

 

こうなればこっちのもの。

うすしお味よりカロリーが低いだなんて、ヘルシーそのもの。

体感的にはゼロカロリーです。

さあ、罪悪感がなくなったところで食べまくりましょう。

f:id:atsubetsu:20210222223226j:plain

バターの風味が効いて止まらねえ〜

 

そうそう、近所のスーパーで購入したところ88円でした。

安いのも良いですよねえ。

厚別おじさん、ポテチはこればっかり買っちゃいます。。。

 

なお、同じカルビーポテトチップスで北海道限定ではない「しあわせバター味」というのがありますが、これは似てるようで全く似ていない。

妙に甘くて、はっきり言って不味いです。買っちゃダメ。

道外にお住まいでしたら迷わず通販で買いましょう。

便利な世の中ですわ。


 

 

という訳で厚別おじさんの主観による5段階評価はこちら。

 

旨さ    ★★★★★ ・・・世の中のポテチで一番旨い

ヘルシーさ ☆☆☆☆☆ ・・・タイトルは嘘じゃないけどヘルシーな訳が無い

コスパ   ★★★★☆ ・・・コスパ良過ぎて不健康

北海道度  ★★★☆☆ ・・・バター味ですからね

 

ではまた。

 

鬼リピしすぎて太っちゃうんだ!!(*^◯^*)!!

帯広で飲むなら一心で間違い無し

厚別おじさんは帯広駅前で飲む時は一心系列のお店が定番です。

 

帯広は札幌から車で3時間ほど、道東の中核都市です。

以前放送されていたNHK連続テレビ小説なつぞらの舞台が十勝でしたが、お菓子屋さんの清月があった場所が帯広という設定でしたね。

ドラマでも酪農のシーンが多かったですが農業、畜産が盛んなエリアで、まさに食の宝庫です。

当然、街に行けばこれでもかと美味しい食材を使った料理を出してくれる飲み屋さんが沢山。

厚別おじさんも大好きな街のひとつです。

 

さて、そんな帯広ですが帯広駅前の居酒屋のなかでも一心系列のお店がやたら目につきますね。

www.aimcompany.info

魚の一心、宴の一心、トカチイッシンファームなどなど。

どちらもリーズナブルかつ十勝ならではの食材や、北海道近海で取れた新鮮な魚介類を楽しめる良いお店ですね。

で、今回厚別おじさんが訪問したのは「十勝藁焼 炉端の一心」です。

r.gnavi.co.jp

 

カウンターの奥に大きな焼き台があり、注文を受けた料理を目の前で豪快に藁で焼いてくれる炉端焼きのお店です。

f:id:atsubetsu:20210221165220j:plain

店内

いかにも美味しそうな料理が出てきそうですねえ。

また、ドリンクも非常にリーズナブルです。

今回はLINE登録のキャンペーンで90分飲み放題が390円という衝撃価格。

即友達登録しちゃいましたね。

しかも生ビール(サッポロクラシック)も選べるので全く問題ありません。

この日の厚別おじさんは時間内に4杯は飲みましたので、1杯あたり97.5円ですよ。最高です。

まあ、90分と短めですから結構すぐ終わっちゃいますが、帯広は美味しいお店が沢山あるので、サクッと二軒目に移動しちゃえばOKでしょう。 

他の一心にも言えることなのですが、飲み放題メニューが充実している上に安いので、来店する前に時間をしっかり決めて飲み放題にするのがリーズナブルに楽しむ方法。これ、テストに出ますから忘れないように。

 

いくつか料理をご紹介すると、

f:id:atsubetsu:20210221164917j:plain

カツオのたたき

カツオを一本豪快に藁焼きしてくれます。

独特のスモーキーさが食欲をそそります。

1000円弱くらいだったかな。

写真で見るよりデカイので非常におすすめ。

f:id:atsubetsu:20210221164950j:plain

こちらは十勝産の牛肉にウニを載せたうにく。

意外な組み合わせの贅沢な逸品。

日本酒なんかはとっても合いますね〜。

f:id:atsubetsu:20210221164927j:plain

もちもちポテト

実はおすすめ、もちもちポテト。

こちらも写真で伝わりにくいんですがかなり大きめカットのポテトで、もちもちの食感が大変美味しいんです。

炉端は関係ないですが美味しいものは美味しい。

 

他にもツブ貝の薫製やいぶりがっこなど藁焼きならではの料理を楽しみました。

飲み放題が破格の安さだったため2名でなんと5000円台。

一人3000円でおつりが来る感じは格安店ですが料理の質は非常に高い。

コスパ重視の方にはめちゃくちゃおすすめです。

 

旨さ    ★★★★☆ ・・・帯広はどこも美味しい

入りやすさ ★★★☆☆ ・・・時間帯によっては混雑するので予約がおすすめ

コスパ   ★★★★☆ ・・・飲み放題が必須

北海道度  ★★★★☆ ・・・十勝の食材が充実


 

ではまた。

 

帯広のお店もたくさん紹介したいんだ!!(*^◯^*)!!