厚別おじさんの北海道ブログ

関東出身で北海道在住のアラフォーおじさん 主に北海道グルメ記事

厚別でコロナワクチン打つなら「ホテルエミシア札幌」

厚別おじさんは新型コロナワクチンも厚別区内で接種します。

 

まあ、厚別に住んでいるんだから当然ですけどね。

ただ、札幌市が指定している集団接種の会場が

札幌コンベンションセンター

つどーむ

ホテルエミシア札幌

札幌エルプラザ

の4会場と数が少ないため、厚別区外の方もこちらで接種する人が多いのではないでしょうか。

なお札幌パークホテル、各区会場の方は現在受付終了しています。(9月13日時点)

 

ということで、札幌市にお住まいの方々のための参考になればと会場内の流れなど書いてみようと思います。

 

当然ながら、今回もグルメブログではありませんので悪しからず。。。

 

まずは予約ですね。

札幌市のワクチン予約はインターネットと電話予約があり「北海道ワクチン予約センター」で予約できます。

 

毎週水曜の9時から予約が開始されますが、大体その日中に予約が埋まってしまうみたいなので、早めにチェックするのが大事ですね。

 

厚別おじさんはインターネットで予約しようとしましたが、全然繋がらなかったので、朝から電話をかけまくりました。

 

まあ、仕事中だったんですが、この辺はご愛嬌ということで・・・。

 

昔のチケットぴあよろしく、まあ何度かけても繋がらないのですが、かけては切ってを繰り返し、なんと37コール目で繋がりました!!ラッキー!!

 

繋がってからは音声ガイダンスで待つこと5分くらいでしょうか。

オペレーターの方から案内があった時はホッとしましたねえ。

 

予約の際は接種券の番号を聞かれますので必ずお手元に。

あとは接種を希望する会場、日時などを伝えると予約完了。

 

集団接種はモデルナ製なので1回目を打つと次回打てるのは28日後以降、ということで自動的に4週間後の同じ日時に2回目の予約が入ります。

 

一ヶ月以上先の予定が強制的に決まるので、事前にスケジュールの確認はしっかりしておかないと、ちょっと焦りますね。。。

 

 

 

で、1回目の接種当日。

まずはホテルエミシアの場所をチェック。

地下鉄の場合は9番出口で出ると近いです。

車の場合は、周辺に商業施設の駐車場がたくさんあるので、特に平日の日中であれば問題なく駐車できるでしょう。

 

会場入りしてからの流れはこんな感じ。

 

①受付&検温

 

②予診票提出

 

③看護師による問診

 

④医師による問診

 

⑤ワクチン接種

 

⑥接種済み証明書発行

 

⑦待機

 

⑧終了

 

といったところです。

全ての工程において、十分すぎるくらい係員が配置されているため、迷うことはありません。

多少の待ち時間はあるものの、かなりスムーズに進行します。

 

まず①入り口の受付では、アルコールで手指消毒し、接種券を見せ、非接触検温機で体温を測るとその体温が用紙に記入されます。

f:id:atsubetsu:20210913171712j:plain

裏側には2回目の予約日時が記入されます。

忘れなくっていいですね。

 

で、エミシアホテルのエスカレーターで2階に上がると大広間が接種会場になっています。

②予診票を提出すると早速③看護師による問診に案内されます。

前が詰まっていたので少し待ちましたが、2、3分ほどで問診開始。

既往歴など予診票に書いてあることの詳細を聞かれます。

飲んでる薬などある人はしっかり覚えておきたいですね。

 

そのあとは④医師の問診。

その前の看護師の問診と聞かれる事がほぼ一緒なので、素人目に考えるとどっちかあれば良く無い?と思っちゃいましたね。。。

 

で、ようやく⑤で接種。

エミシアホテルの接種は個室ブースになっているので、他の人の様子はわかりません。

ちょっと緊張しますけど、個人的には注射打つ時の緊張の面持ちを他人に見られるのは少々恥ずかしいので、この方が良いかな、とか思いました。

 

注射なのでアルコール消毒のアレルギーが無いか、程度の質問がありますが、散々問診してからなのでプスッと刺すまでも非常にスムーズ。

 

で、駐車ですが、厚別おじさん的には大して痛くなかったです。

ワクチンの量も大したことないと思うので、時間的にも割と一瞬で終わりです。

 

筋肉注射だから痛い、とか聞いてビビってましたが、肩に刺すので普通のインフルのワクチンとかとほとんど変わりないですね。。。

 

接種も無事終わり⑥接種証明とワクチンの副反応などに関する説明資料を貰うと、15分から30分の待機時間です。

接種と同じ部屋に多数の椅子があり、無言で座っているしかありません。

この間にさっき貰った資料を読みましょう。

 

しかしまあ、この待機時間がまあ長く感じます。

なぜか携帯の電波の入りが非常に悪いので本とか持っていった方が良いですね。

ちゃんとしたホテルなんですけどね、WiFiとか案内して欲しかったかな。。。

なにしろ退屈でした。

 

待機時間は人によって違うようで、定められた待機時間が終ったら自分で時計を確認しスッと立ち上がりそのまま帰る感じです。

 

 

で、気になる副反応ですが、厚別おじさんは打った場所が少し張る感じで軽い痛みが続きましたが、頭痛や発熱はありませんでした。

まあ2回目がキツいという話はよく聞くので、そんなもんでしょうか。

 

現在、2回目のその日までブルブル震えながら待っているところです。。。

 

 

ではまた。

 

よかったら読者になって欲しいんだ!!(*^◯^*)!!