厚別おじさんの北海道グルメブログ

関東出身/札幌市厚別区在住/脱・食べログ/たまにグルメ以外

【衝撃】恵庭「ラーメン華門」のラーメンはまさかのプペル味だった(笑)

厚別おじさんは恵庭でプペります。

 

恵庭。

厚別おじさん一押しの海鮮ランチが揃っている注目の町ですが、今回は恵庭エリアでは初となるラーメン屋のご紹介です。

いや、もしかしたらラーメン屋では無いのかも。。。

 

とりあえず恵庭の過去記事はこちら。

atsubetsu.hatenablog.com

atsubetsu.hatenablog.com

 

さてさて、のっけから何を言っているのだろうと読者の皆さまも困惑の事と思いますが、最後まで読んで頂ければ分かりますのでご安心を。

 

今回訪問したのは恵庭の市街地を通る北海道道46号線沿いにある「ラーメン華門 恵庭店」。

場所はこちら。

国道沿いではありませんが、近隣には大きなTSUTAYAや飲食店など多数立ち並んでいる場所なので、通ったことの有る道民ドライバーは多いのではないでしょうか。

 

店舗外観はこちら。

f:id:atsubetsu:20220312214247j:plain

店舗外観

あれ?

写真ではちょっと分かりにくいんですが、店名の上に何か大きな絵?のような看板がありますねえ。これなんだろ、と思いながら入店。

 

店内に入ると、、、

f:id:atsubetsu:20220312214512j:plain

店内

ん?

 

えんとつ町のプペルを恵庭から全力応援??

 

f:id:atsubetsu:20220312214731j:plain

キングコング日本武道館」に「プペル歌舞伎」などなど・・・

他にもプペル関連のポスターなどで店内も店外も埋め尽くされています。

 

どうやら厚別おじさん、恵庭でプペルの森に迷い込んでしまったようです。。。

 

ここで「えんとつ町のプペル」についてご存知ない方に軽く解説しますと、お笑いコンビ「キングコング」の西野氏が制作した絵本であり、2020年に映画化された作品です。

こちらの記事では興行収入24億となっており、アニメ作品としてはかなりのヒット作と言えるのではないでしょうか。

西野亮廣にとって「映画 えんとつ町のプペル」は成功か失敗か 手応えと忸怩たる思い : 映画ニュース - 映画.com

 

有名人が絵本書いてそれが映画化された。

 

とまあ、それだけだったらなんて事ない話なんですが、この「えんとつ町のプペル」に関しては周辺でなかなか香ばしい事案が多数あるんですよね。

 

例えばこちら。

無職が失業保険使ってチケット台本を80セット(約24万)買った話(理由)|こういち|note

これはつまり、西野氏が主催するオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」のメンバーがチケットとシナリオ台本のセットを3000円で購入し、そのチケットに価格を上乗せして誰かに売れば儲かる、という仕組みでして、上記の記事はこの仕組みで大量に購入したオンラインサロンメンバーさんのお話ですね。

 

つまりマルチじゃんって感じなんですが、西野氏の熱心なファンはプペルの素晴らしさを広めたい!!と巻き上げられている感はゼロ。むしろ幸せな様子。

 

一方、西野氏側はファンがチケットを事前に大量購入してくれるので、リスクなくがっぽり稼げるわけですね。

 

「いやあ、西野氏って頭いいなあ」とは思いますが、西野氏自身に興味が無い人からすると普通にチケット買ってプペル観に行こう、って気にはならないですよねえ。

 

映画作品が巨大な集金システムにガッチガチに仕立て上げられているのが生々し過ぎて、もし厚別おじさんが観に行ったとしても絶対ストーリーに集中できないですね・・・。

 

ま、一生観ないでしょうけど。

 

といったお話を踏まえた上で、恵庭でラーメン食べに行ったら店内全面プペルだったら、、、

というのが今回の私のストーリー。

 

 

前置きが長〜くなりましたが、今回厚別おじさんが注文したのは店員さん曰く最も人気があるという味噌ラーメン。

f:id:atsubetsu:20220312220844j:plain

味噌ラーメン 770円

どうでしょう。

見た目は美味しそうですね。

 

f:id:atsubetsu:20220312221037j:plain

麺はスープによく絡むちぢれ麺です。

 

よく絡んだ気がします。

 

 

いや、すいません、あまり覚えていません。

 

普通に、まあ、なんか美味しかった気がするんですが。。。

 

そうです、もうお分かりですね。

ラーメンに集中できるはずもありません。

 

だって、食べてる間ずっと

 

店長は絶対オンラインサロンのメンバーだよな・・・

 

ここでプペルの事聞いたらチケット買わされるのかな・・・

 

私が払った代金の一部もプペルの応援に使われるんだろうな・・・

 

てかプペルの応援って何???

 

などなど、もう頭の中がプペルでいっぱいです。

味噌味というよりプペル味です。

完食するなり目が泳ぎながらお会計しそそくさと出てきてしまいました。。。

 

 

そういえば他にも数名お客さんがいましたが、みなさんあまりプペルには反応してなかったんですよね。不思議。

もうお客さんも全員オンラインサロンのメンバーなのかな?

それとも、厚別おじさんがプペルに反応しすぎなのかな?

 

そして、この記事を読んでいるあなたもすっかりプペルの虜に・・・

 

 

そうです、何を隠そう厚別おじさんこそ「西野亮廣エンタメ研究所」のメンバーなのです!!

この記事もプペルの応援のために書いてマッス!!!

 

 

 

 

 

 

嘘です!!

 

 

それでは、厚別おじさんの主観による5段階評価はこちら。

 

旨さ    ★★☆☆☆ ・・・思い出せない

量     ★★☆☆☆ ・・・本当に何も思い出せない

コスパ   ★★☆☆☆ ・・・普通

北海道度  ☆☆☆☆☆ ・・・プペル度ならMAX!!

 

ではまた。

 

西野亮廣エンタメ研究所の人が読んでくれたらコメント欲しいんだ!!(*^◯^*)!!